• ホーム
  • 性病を自宅で治したい方へ

性病を自宅で治したい方へ

男性と話す医者

他の病気と違って、性病という響きはどうも危機感をしっかりと感じ受け止められないふしがある病気の一つです。
もしも、自分や身内がガンや白血病といった難病の疑いがちらりとでもある場合は、一刻も早い検査などを考えるはずです。
しかし、性病かもしれないという疑いは持っていても、実際に病院に診察に行くことは何故かためらわれてしまいます。
これは、診察される時に医師に見られたり、色々なことを聞かれたりすることを想像しただけで煩わしいからに違いないです。
確かに、赤ちゃんや幼児期ならばともかくとして、思春期に差し掛かった頃から大人になったとしてもできるだけ人に見せるのは制限をしたい場所になります。
だからといって性病を自宅で治したいと考えるのは、少々危険です。

まずは、本当に性病であるのかどうかといったことや性病だとしたらきちんとした病名を知る必要があります。
病気にあった治療方法を確実に取らないと、病気の進行を抑えられなくて悪化してしまうこともありえるからです。
恥ずかしいのは、理解できますが性病の全てが性行為によって感染させられたものばかりではなく、免疫力が極端に落ちた場合に発症するものや公衆浴場などの場所で感染させられることもあります。
ありとあらゆる場合が考えられるので、ちゃんとした病院でしっかりとした診察を受け、治療を受けるのが後のことを考えると賢明な判断です。

関連記事