• ホーム
  • 伝染性疾患としてのカンジダと斑点などの症状

伝染性疾患としてのカンジダと斑点などの症状

主に他人から病原菌、その他病原性の真菌やウイルスなどに感染して起こるような病気のことを、伝染性疾患とよんでいます。
伝染性疾患としては、たとえばはしかやおたふくかぜといった、子供のころに一度はかかったであろう病気が含まれていますが、なかにはおとなになってから性行為を通じて感染するというルートをとりやすい、性感染症とよばれるタイプの伝染性疾患もあります。

大人がかかる病気の性器カンジダ症なども、こうした性行為によって感染する可能性がある伝染性疾患ということができますが、この性器カンジダ症が他の病気よりもちょっと複雑なのは、かならずしも他人からの感染という経路をとらないことがあるということです。
性器カンジダ症という病気は、カンジダという真菌、すなわちカビや酵母の一種が人体に感染することによって起こるものです。
しかし、実はこのカンジダという真菌は、ふだんから女性の外陰部などの湿って栄養の多いところに住んでいる常在菌のようなもので、体調が悪くなったときに、もともと住んでいたカンジダが勢力を拡大して病気になってしまったということもあるのです。

性器カンジダ症の症状ですが、男性であれば、性器の先端のほうに、赤い斑点が出たり、カスが増えたりするほか、かゆみやただれを生じます。
小さな水ぶくれのようなものができて、それが白い斑点のように見えるともあります。
女性の場合については、白い斑点のようにおりものが外陰部に付着したり、性器の熱さや痛み、かゆみをともなったり、排尿が困難になるといった症状があります。
このような状態を放置していては具合が悪いので、通常は抗真菌薬とよばれる医薬品を用いて、カンジダの増殖をおさえて治療を行います。

関連記事
  • 電卓と保険の資料のイメージ
    性病検査は保険が適応するのか 女性の中には、局部が痒い・痛い・白い塊・不正出血があるなど、性病を疑いたくなる症状が出てくる場合があ... 2019年07月07日
  • 多色な錠剤と瓶
    自慰行為でも発症する性病とは 最近では性行為の低年齢化に伴って、自慰行為を行う年齢も下がってきています。 学校などで行われる保険の... 2019年06月05日
  • 男性と話す医者
    性病を自宅で治したい方へ 他の病気と違って、性病という響きはどうも危機感をしっかりと感じ受け止められないふしがある病気の一つで... 2019年04月27日
  • カプセルの瓶を持っている男性
    性病の治療に掛かる期間と料金 性行為によって感染する性病に性器ヘルペスがあります。 この性器ヘルペスの感染の原因となるのは、セック... 2019年05月17日
サイト内検索